銀行カードローンとは何か?

まずここではカードローンとは何かということを勉強していただきたいのです。

カードローンなんて全然判りやすいというのは間違いです。カードローンには、銀行のカードローン、そして消費者金融のカードローン、銀行系カードローンがあり、銀行カードローンと銀行系カードローンは違うものです。

まず、銀行カードローンがあります。銀行は今まで、大型の目的型のローンに積極的でした。しかし、ある時期より小口のフリーなローンにも注目するようになったのです。つまりそれを銀行カードローンと言います。

消費者金融とは

そして、対峙的場所に存在しているものは、消費者金融のカードローンです。つまりサラリーマン金融のことです。

現在、消費者金融はいろいろな問題を抱え、とても脆く、倒産危機を迎えているところも多くあると言われています。債務者の破産人口の急増、そしてグレーゾーンは廃止され、それだけでも消費者金融は大変ですが、 更に過払い返還請求を受けなければならないという大波が押し寄せて来ます。

銀行系カードローン

消費者金融の危機はそれだけでは済みません。更に貸金業法改正によって総量規制が出来、債務者に収入の三分の一以上の貸し出しは出来なくなってしまったのです。更に厳しい督促行為も全然行うことが出来なくなりましたし、武富士など実際に大手の消費者金融がこのような事態でいとも簡単に倒産して行ってしまったのです。

しかしてその時消費者金融を救済してくれたのが、銀行であり、銀行傘下に入る消費者金融のことを銀行系といい発行するカードを銀行系カードローンと言います。なぜ、銀行がかつて水と油の存在であった消費者金融を救ったのかと言えば、カードローンについてのノウハウは、消費者金融の方が持っており、消費者金融を保証会社にするなどしてうまく活用したいと考えたためです。

そして、消費者金融の中には、未だ銀行傘下に入らず頑張っている消費者金融もあり、そのようなところを独立系消費者金融カードローンと言います。