専業主婦も延滞することがある

専業主婦の人たちも、ちょっとパートなどすれば、消費者金融からも借り入れ出来るようになります。それ程高額を期待することが出来ませんが、それもやはり、専業主婦のみなさんに返済の確実性が乏しいからです。しかし、専業主婦はやっぱり、借り入れ出来ても今度はひょっとしたら返済出来ない時って、サラリーマンの人たちより多いかもしれません。

その時、昔のイメージなら消費者金融から厳しい督促行為をされると思ってしまうものです。しかし、安心してください。現在では、厳しい督促行為は、法律によって守られているので、社員1人が謀反を起こすと言うことも出来ません。

コンプライアンスに厳しいカードローン会社

コンプライアンスもしっかり管理・監視され、例えば、勤務先に電話をしないでというのに、電話をしてしまった消費者金融がたったそれだけのことで営業停止の事態になってしまっているのです。もちろん、延滞した場合、消費者金融より督促行為の電話などかかって来ることになります。しかし、いたって紳士的対応であり、消費者金融では「今 お話ししても大丈夫でしょうか」という断りの文言があり、もしもあなたがたまたま電話に出て、話しがしたくないと言うのなら、「今はマズイ」とい言えば、消費者金融は、電話を切らなければ駄目です。そのまま消費者金融が電話をつづけることは違反行為なのです。

恐い督促行為はない

消費者金融には、督促の電話をしているオペレーションセンターがあり、ほとんどが派遣などがそこで仕事をしており、社員がモニタリングによってしっかり監視しているというシステムが作られています。派遣がお客様と会話した内容は全部録音されて記録に残っています。

今運転中、入院しているという場合に交渉のお話しは出来ません。代払いの強要なんてもはやもっての他です。

ただし専業主婦のみなさんがカードローンの支払いを出来ないと言うときは、あらかじめそのようなカードローンに電話を入れるというのがルールです。消費者金融では、利息だけでもとか、和解とかいろいろ相談に乗ってくれるでしょう。借金は計画をもって借り入れしてください。