専業主婦は収入が0円だから・・・

専業主婦の人たちは、何か立場的にはちょっと中途半端な人たちであるかもしれません。専業主婦の人たちは、一生懸命家庭で家事という仕事をしている人たちです。しかし、実際にお金を稼いでいると言うことではなくてお金を稼いでいるのは旦那さんであり、専業主婦は一生懸命労働していると言うものの、収入はゼロ円なのです。

カードローンで専業主婦が今大きく問題視されている理由は、貸金業法改正によって総量規制という決まりが作られたためです。まず、総量規制が何かということをお話ししましょう。

・総量規制とは

総量規制とは、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを 言います。最近消費者金融では、高額のお金を貸し出ししてくれて、とても便利ですが、もしも消費者金融から200万円という額をキャッシングしたいと言うことになれば、3倍の600万円程度の収入が必要であり、なかなかそれだけの額がキャッシング出来ると言う人たちも少ないのではないでしょうか。

500万円キャッシングということになれば、1500万円の収入が必要です。逆に収入が多ければ、借金をする必要はありませんし。

総量規制がなんのために作られたのかということを考えてみましょう。 それは多重債務を防止するためにも作られた総量規制です。多重債務者を作らないという意味で総量規制は貢献しているのかもしれません。 しかし、総量規制枠以上のお金を借り入れてもしっかり今まで返済を行ってきた人たちもおり、そんなものはあくまでも目安に過ぎないです。

・総量規制で専業主婦は借り入れ出来ない

更にここに総量規制は大きな問題を抱えてしまったのです。専業主婦の人たちと言えば収入がゼロの人たちです。一生懸命労働をしているとしても、実際にお金を稼ぐ役割を担っているのは、旦那さんの方です。

専業主婦は貸金業法改正による総量規制の決まりで、今まで借り入れ出来ていた人たちも借り入れが出来なくなってしまったのです。そして専業主婦が闇金業者から借り入れをするという悲惨な結末に至ることになります。