専業主婦の人たちも借り入れしたい

専業主婦のみなさんが消費者金融よりおおまかに借り入れ出来ない理由は、貸金業法改正の総量規制によります。総量規制が何かと言えば、個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。

実際に専業主婦という人たちは、収入のない人たちであり消費者金融では、借り入れすることが認められなくなってしまったのです。ただし、今お話ししたことは正確ではありません。総量規制には、実際に特例措置というものが用意され、それを配偶者貸付と言います。

配偶者貸付の特別措置がある

専業主婦の人たちが、収入はゼロ、しかし配偶者の同意を求めることが出来ると言うのなら、このような方法で消費者金融から借り入れ出来るはずです。本人に収入がない場合も、配偶者とあわせた年収の3分の1以下までなら貸付け可能、それが配偶者貸付の特例措置です。

しかし、今まで内緒でお金を借り入れしていた人たちは、旦那になかなか告白することも出来ないで、やっぱり厳しい現状で変わりがないという人たちも多いのかもしれませんが。

しかし、カードローン会社はなかなか貸してくれない

しかし、この配偶者貸付、蓋を開ければ、ちょっと実状が違うのです。それは、特別措置であり、消費者金融がいちいち専業主婦を相手にしていては手間がかかると言うので、配偶者貸付を、旦那の同意書があっても、許可しなくなる傾向がどんどんと増えて来ました。つまり消費者金融ではやっぱり、収入のない人たちには、配偶者貸付という特例でもお金の貸し借りをしてくれにくくなって来たのです。

ここでみなさんは既に気付いたでしょうか。 消費者金融は、専業主婦と言うものの、ちょっとでもパート、アルバイトをしている人たちには安易にお金を貸し出ししてくれたり現在しています。消費者金融が実際に求めているのは、安定収入ですが、安定というは理想であり正規雇用のことではありません。もしも、本当に消費者金融でカードローンを作りたいというなら、一度仕事をしてみようというモチベーションからスタートしましょう。