専業主婦の人たちは本当に借り入れ出来ない?

収入のない専業主婦はて本当にカードローンを作ることが出来ないのでしょうか。いえまだまだあきらめないでください。方法はまだあります。

専業主婦の人たちはなかなか消費者金融からお金を借り入れ出来なくて、本当に困ったという声も聞きます。しかし、消費者金融でなくて、銀行カードローンを目指せばいいまでのことなのです。ズバリ、銀行カードローンは、銀行法で運営を行っています。消費者金融は、貸金業法です。総量規制は、貸金業法によって作られている規則なので、銀行法の銀行カードローンは関係がありません。つまり専業主婦にNOと言っているのは、消費者金融であり、銀行はOKと言っているのです。

銀行なら本当に大丈夫か

しかし、実際にこれ程までに専業主婦に厳しいカードローンに、銀行すべてが甘いと言うのも考えにくい問題です。銀行もお金を貸し出しすれば、しっかり返済してもらわなければならず、専業主婦はお金がないから不安と言えば不安で、独自の貸し出しルールを作って対応していたりしています。

銀行でも残念ながら融資を受けることが出来ないという場合はあります。専業主婦にも、お金を貸し出ししてくれる銀行カードローンを紹介しましょう。

おすすめ銀行カードローン

まず、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」(年率4.6~14.6%)です。しかし、貸し出し額は30万円というところです。
みずほ銀行カードローン(年率3.5~14.0%)は収入証明や同意書の提出は不要ですが、配偶者に安定かつ継続した収入があれば利用可能であり、ここの30万円程度です。

楽天銀行スーパーローン(年率4.9~14.5%)
専業主婦のみなさんも50万円程度までなり借り入れすることが出来ます。しかし、金利はと言えば、少額借り入れなので、年率4.9~14.5%の14.5%がつくでしょう。

東京スター銀行スターカードローン(年率4.5~14.6%)は収入証明や同意書の提出は不要ですが、ここも配偶者に安定した収入があれば利用可能です。イオン銀行カードローン(年率3.8~13.8%)も同じ状況です。